価格差だけでは稼げない。物販の三原則。

価格差はあったけれど・・・

商品リサーチを続けていれば

いつか必ず価格差のある商品に出会います。

 

しかし、価格差だけを見て仕入れたとしても

必ず利益が出るわけではありません。

 

特に最初のうちは

「なかなか売れない」

「思ったより安く売れてしまった」

という問題が頻繁に発生します。

 

これを避けるには、リサーチの段階で

以下、物販の三原則を念頭に置きましょう。

 

1.過去にいくらで売れたか?(価格)

2.過去にいくつ売れたか?(個数)

3.ライバルは何人いるか?(競合)

 

この3つをクリアした上で仕入れれば、

売れない、予想より安く売れるといった問題は改善されます。

 

1. 過去にいくらで売れたか?(価格)

eBayとヤフオク!とで

価格の差が確認できることが第一条件です。

 

ただし、この時ヤフオク!側(オークファン)の

極端に高い落札価格は除外してください。

例えば以下のような商品です。

 

 

他の商品が13,000円前後で売れるなか、1個だけ27,000円で売れています。

このような他の値や平均値から大きく外れた値を

統計学用語で「アウトライヤー」または「外れ値(はずれち)」といいます。

 

よっぽど商品の状態と運が良くない限り

アウトライヤーの金額で再度売れることはないので、

この場合は13,000円前後が相場と考え仕入れをしてください。

 

2.過去にいくつ売れたか?(個数)

過去のヤフオク!での販売個数を

オークファンで確認して販売ペースを考えます。

 

例えば1か月に3個売れているなら、それは月に3個売れる商品ですので

3個仕入れても1か月で売れます。

6個仕入れると2か月かかりますね。

 

最初は月に1個以上売れる商品を探しましょう。

半年に1個とか、1年に1個しか売れない商品は

最初の段階ではおすすめしません。

 

まずは商品の回転を良くして資金を回すとともに

経験値や成功体験を積んだほうが良いです。

 

 

3.ライバルは何人いるか?(競合)

1か月で3個売れる商品を3個仕入れたとしても、

すでにヤフオク!にライバルが3つ同じ商品を出品していたら

自分の分と合わせて6個になるので、売り切るのに2か月かかってしまいます。

また値下げ合戦に陥る可能性が高いです。

 

このような事態を避けるため、

仕入れる前に必ずヤフオク!で他の出品者がいないか確認しましょう。

 

そしてライバルのいない商品を仕入れるか、

ライバルがいても1か月で売り切れる数量だけ仕入れてください。

 

 

いつまでも基本が大事です

この三原則を守っていただくだけでも

思ったように売れないという問題は改善されます。

僕自身も、今でもこの三原則は意識していますが

儲からなかった時はこれが守れていない場合が多いです。

 

基本はずっと大切にしていきましょう!

今回もお読みいただきありがとうございました。


--------------------------------------------------------

ブログランキングに参加中です。
今回の記事がご参考になりましたら
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

--------------------------------------------------------
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

栗山修治
自営業/1988年度生まれ/埼玉県出身/筑波大卒

eBay仕入れヤフオク!販売で脱サラ。
得意分野はアンティーク。
現役で稼ぎつつ情報発信、個人コンサル、
セミナー講師をしています。

2014年 副業で輸入転売を開始
2015年 月収50万円達成、脱サラ
2016年 月収70万円達成、会社員時代の年収超え
2017年 月収130万円達成、
雑誌「BIGtomorrow」に2回掲載


ブログランキングに参加中です。
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

アーカイブ