副業が本業にもたらす3つのメリット

「副業は本業の妨げになる」

という意見。

 

これは会社による副業禁止の根拠ですが、

僕の経験では全く逆で、副業をすることは

本業(会社の仕事)に非常にプラス

になりました。

 

僕が実感したメリットを3つご紹介します。

 

 

本業が速く正確に終わるようになる

副業で稼ぐためには、可能な限り早く会社を出て

時間を確保しなければいけません。

つまり早く&正確に仕事を終えることが求められます。

副業が軌道に乗りだすとなおさら時間が必要になります。

 

自分の中で残業という概念を排除しました。

ダラダラ仕事していると副業で稼げなくなり

独立する夢も果たせない、という緊張感で仕事がはかどりました。

基本的に定時帰りになりました。

 

攻めの姿勢で仕事ができるようになる

副業は会社の仕事と違い、

時間さえ経てばお金が入ってくるということはありません。

自分で利益を出すか、収入を生む仕組みを

構築しなければ1円も入ってきません。

 

いずれにしても

自分から動く積極性が必須です。

 

身銭を切って商品を仕入れていくこと。

海外のセラーに値下げ交渉をガンガンかけていくこと。

日本のお客様にメールや電話でコンタクトを取り

リピーターになっていただくこと。

 

僕はそんなふうに副業で利益を増やすとともに

会社の仕事でも人に働きかける姿勢が生まれ、

仕事が前倒しできるようになりました。

これも残業時間の削減に繫がりました。

 

 

気持ちに余裕が生まれる

自分のビジネスで月5万なり10万なり稼げるようになれば、

独立を目指すことに限らず

 

・今より給料が安く休みの多い会社に転職+副業

・週3〜4回のバイトや派遣社員+副業

・昔から自分の夢だった業界で働く+副業

といった働き方の選択肢が生まれてきます。

 

実行に移すかどうかはともかく、

自分でいくらでも未来を選択できるという気持ちの余裕が生まれます。

 

そのため、会社で何か理不尽なことや感情的な言葉にさらされたとしても、

「まあ、この会社にしがみつく必要はないし」

と上手に受け流せるようになります(笑)

 

会社に対して強気でいられるので無駄なストレスが減ります。

多少なりとも自分のビジネスで稼げれば自信に繋がるのです。

 

 

以上のメリットをご紹介させていただきました。

 

ちなみに、僕がいた会社は就業規定で副業禁止でしたが、

辞める直前まで、社内で副業のことは一切口外しませんでしたし、

足がつくと噂の住民税に関しても一応対策していたので

バレることはありませんでした。

 

ぜひあなたにも副業にチャレンジしていただきたいと思っています。

お読みいただきありがとうございました。


--------------------------------------------------------

ブログランキングに参加中です。
今回の記事がご参考になりましたら
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

--------------------------------------------------------
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

FAST PIC

栗山修治
自営業/1988年度生まれ/埼玉県出身/筑波大卒

eBay仕入れヤフオク!販売で脱サラ。
月収100万円等を目標に活動中。

2014年 副業で輸入転売を開始
2015年 月収50万円達成、脱サラ
2016年 月収70万円達成、会社員時代の年収超え


ブログランキングに参加中です。
応援クリック是非よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

アーカイブ