eBayセラーへの返品。送料は誰持ち?

こんにちは、栗山修治です。

今日はeBayで購入した商品を返品する場合の

送料についてお話しします。

 

アンティーク品は繊細な商品が多いため、

到着時に破損していたとか

商品説明に記載されていないダメージがあったとか

そういった類の瑕疵が多くあります。

 

このような場合、まずはセラーにメッセージを送るか

あるいは”Request a return”でケースを提起するかして

返品の交渉に入りますが、

 

返品が決まった場合の送料は誰が負担するのか

経験上分かったことをお伝えします。

 

まず、eBayの商品説明の”Return policy”(リターンポリシー)に

“Buyer pays return shipping”(バイヤーが返送料を支払う)

と記載されていた場合は基本バイヤー持ち。↓

 

 

記載がない場合は、

・商品説明にないダメージがあればセラー持ち

・自己都合(商品説明の見落としやサイズを間違えた等)が理由ならバイヤー持ち

ということでeBayに処理されてきました。

 

なお、Return policyに“No return”(返品は受け付けない)と記載されていても

商品説明にないダメージがあれば返品可能です。

ケースを提起すればeBayが返品を決定してくれます。

この場合でも、返送料はセラー持ちにしてくれてますね。

 

またちなみに「商品説明にないダメージ」の例として、

eBayが送料をセラー負担にしてくれたのは

・到着時に完全に壊れている

・写真のアングルでは分からないダメージや歪みがある

・「完動品」と書かれていて、確かに動くが、一部動作不良がある

などの場合ですね。

 

本来なら、セラーが”返送料はバイヤー持ち”と書いていようが、

商品説明に無いダメージは全て

セラー持ちにしてもらいたいところではありますが、

現状そういうルールにはなっていないようなので従いましょう。

 

もちろんセラーとの交渉次第で

返送料を払ってもらえる場合もあると思います。

 

ただこちらが写真をよく見ていなかった等、

自分に非があればほぼ確実にバイヤー持ちになってしまうので

(少なくとも僕がセラー持ちにしてもらえたことはないので)、

商品説明、特に写真はよく見ましょう

 

仕入れに慣れてくると注意力が落ちがちなので注意しましょうね。

今回もお読みいただきありがとうございました。


--------------------------------------------------------

ブログランキングに参加中です。
今回の記事がご参考になりましたら
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

--------------------------------------------------------
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

栗山修治
自営業/1988年度生まれ/埼玉県出身/筑波大卒
eBay仕入れヤフオク!販売で脱サラしました。

現在は
・eBay→ヤフオク(アンティーク)
・ネットショップ
・情報発信
・個人コンサル
・セミナー講師
をしております。

【実績】
2014年 副業で輸入転売を開始
2015年 月収50万円達成、脱サラ
2016年 月収70万円達成、会社員時代の年収超え
2017年 月収130万円達成、
雑誌「BIGtomorrow」に2回掲載


ブログランキングに参加中です。
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

アーカイブ