その商品はライバルも見ています

こんにちは、栗山修治です。

今日はリサーチ時の大事なポイントとして

「他人と少し違うところを見る」

ということをお話しします。

 

言い換えれば

「ややマイナーなブランドやシリーズを見る」

ということですね。

 

輸入転売を始めて間もないとき、

アンティーク系でリサーチする商品といえば西洋陶磁器、

特にマイセンやドームナンシー、およびその周辺に偏りがちです。

 

ですが実は、このあたりの商品というのは

アンティーク系の輸入転売の中で

最もライバルが多いと言っても過言ではなく

パワーセラーも含めて多数存在するレッドオーシャンです。

 

試しに今「マイセン」とヤフオクで検索してみたら

3,000件近い商品がヒットしました。

 

1か月の間に売れる「マイセン」は

700〜800件程度なので、大雑把に言えば

かなりの供給過剰になっています。

 

確かに儲かる商品は色々ありますが、

いかんせん競合が多いため、出品してみても

ウォッチリストすらなかなか入りません。

 

評価数を積み上げて専門店化でもしないと

1円出品以外で早く売っていくのは難しい印象です。

 

確かにマイセンやドームら辺は

商品数も価格帯も豊富でとっつきやすいのですが、

リサーチするなら、これらのブランドの中でも

「少しマイナーなシリーズや商品」を狙っていきましょう。

ライバルが見なさそうなエリアを見ていくことです。

 

あとは西洋陶磁器の中でも

少しマイナーなブランドを見ていくこと。

 

それと有効なのは

カテゴリー自体をずらすことですね。

 

アンティークと言えば誰しもが食器や花瓶といった

陶磁器類を思い浮かべるものですが(僕もそうでした)、

ブリキのおもちゃ、切手、楽器、テディベアなどなど

本当に無数の商品があるのです。

 

その辺りも儲かりますのでぜひ調べてみてください。

あとはアンティークというより中古品と言った方が正確ですが

スポーツ、レジャーなんかも利益が出せますね。

そして勿論、他多数のエリアも儲かります。

 

いつものようにリサーチしている商品は

間違いなくライバルも見ていると考えましょう。

Gixenで頻繁に競り負ける場合なんかはそういう場所で戦っている証拠です。

 

そこから「少し」ずらすのが大切です。

ずらしすぎると需要の全く無い商品を掴んでしまいますので。

 

人が見ない場所を意識的に見ましょうね。

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

 


--------------------------------------------------------

ブログランキングに参加中です。
今回の記事がご参考になりましたら
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

--------------------------------------------------------
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

FAST PIC

栗山修治
自営業/1988年度生まれ/埼玉県出身/筑波大卒

eBay仕入れヤフオク!販売で脱サラ。
月収100万円等を目標に活動中。

2014年 副業で輸入転売を開始
2015年 月収50万円達成、脱サラ
2016年 月収70万円達成、会社員時代の年収超え
2017年 雑誌「BIGtomorrow」に掲載



ブログランキングに参加中です。
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

アーカイブ