Best Offer(値下げ交渉)で値下げしやすい時、しにくい時

こんにちは、栗山修治です。

今日はeBayの値下げ交渉機能

「Best Offer(ベストオファー)」についてお話しします。

 

あなたはこの機能で値下げ交渉をかける時に

どれくらいの値下げ幅で交渉していますか?

 

僕の場合は「最大限までいく」方針です。

特に1割とか2割とかを目安にしているわけではありません。

気持ちよく応じてもらえるのであれば出来る限りいきます。

 

その中でも比較的、

大きく値下げしてもらいやすい場合と

してもらいにくい場合があると感じたのでご紹介します。

あくまで傾向ですのでケースバイケースと捉えてください。

 

僕の経験では下記の状況だと

大きく値下げしやすい傾向にあります。

半額以上値下げできることも多々ありました。

 

・長期間出品されている(3か月以上)。

→セラーとしては早く売りたい

・出品数が多い(数百件以上)。

→セラーとしては長期在庫にしたくない

・ウォッチリストが1件も入っていない。

→セラーとしてはこのオファーを逃すと次いつ売れるかわからない

 

そして、もうお気づきかと思いますが

正反対となる以下の場合は

大きく値下げするのは難しいです。

 

・出品されて間もない。

→セラーとしてはまだ様子を見たい

・出品数が少ない。

→セラーとしては焦って売る必要がない

・ウォッチリストがたくさん入っている。

→セラーとしては他のバイヤーが高値で買ってくれると期待できる

 

ですのでもし、高額でeBayに出品されていても

Best Offerで大幅に値下げできる可能性があるのなら

ハナから諦めず積極的に攻めてみてください。

 

セラーとしても売れて助かっているわけですから

有難いことなのです。

交渉の基本は「まず相手を理解すること」ですね。

 

そして、一度大幅な値下げを受けてくれたセラーは

次回以降も大きく値引いてくれる可能性が高いです。

直接取引も絡めて今後の仕入れに活用していきましょう。

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

追伸1

仙台ツアーの参加希望、引き続きお待ちしてます!

【参加者募集】物販仲間とスノボ・牛タン・裏話!

 

追伸2

輸入転売をゼロから始める方向けの講座を

作ろうと思っています。

要望等あればお知らせください!


--------------------------------------------------------

ブログランキングに参加中です。
今回の記事がご参考になりましたら
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

--------------------------------------------------------
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

FAST PIC

栗山修治
自営業/1988年度生まれ/埼玉県出身/筑波大卒

eBay仕入れヤフオク!販売で脱サラ。
現役で稼ぎつつ情報発信、個人コンサル、
セミナー講師をしています。

2014年 副業で輸入転売を開始
2015年 月収50万円達成、脱サラ
2016年 月収70万円達成、会社員時代の年収超え
2017年 月収130万円達成、
雑誌「BIGtomorrow」に2回掲載


ブログランキングに参加中です。
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

アーカイブ