わがままなお客様とも付き合うべきか?

こんにちは、栗山修治です。

今日は自分がヤフオクで売る際に

「わがままなお客様とも付き合うべきか?」

ということについてお話しします。

 

商品を販売していると

時に思わぬ要求や態度に出くわします。

 

質問欄から「◯◯円で即決にしていただけませんか?」

と無理な値下げ交渉をされたり

落札後に毎回音信不通になったりいつも入金が極端に遅れたり。

 

他にも色々ありますが

こうしたことは一定期間販売を続けていると

いずれ発生することであって避けることはできないでしょう。

 

では、こういった方々に対しても事情の理解に努め

皆「お客様」として接するべきなのでしょうか?

 

僕は明確に「ノー」と答えます。

販売は差し控えましょう。

 

それは今までの経験から言って

 

「一度理不尽な要求や態度をこちらが認めてしまうと

以後も似たようなことを繰り返される」からです。

人によってはエスカレートしていく場合もあります。

 

僕の体験から一つだけ例を出すと

よく極端な値引きを要求される方に商品を販売して

その後直接取引をする関係にまで

辿り着いたことがあるのですが、

 

「長く付き合っていくうちに先方様の態度も柔らかくなるかな」

と予想していたところ全くそんなことはなく、

何度取引をしても、口調は多少くだけた感じになれど

値引きの厳しさは変わることがありませんでした。

 

いわばWIN-LOSEの状態がずっと続いていましたね。

他にも類似の経験があり、WIN-WINから遠い方は

もちろん全員が全員ではないでしょうが

仲良くなっても基本的に変えることができないと感じました。

 

輸入転売は慈善事業ではないので

「WIN-WINになれるお客様」を選び

そういった方々との関係にエネルギーを向けましょう。

 

時間やストレスを無駄に費やしてしまうと

潜在的な利益も失ってしまうので

相手を見極めましょうね。

 

今回もお読みいただきありがとうございました。


--------------------------------------------------------

ブログランキングに参加中です。
今回の記事がご参考になりましたら
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

--------------------------------------------------------
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

栗山修治
自営業/1988年度生まれ/埼玉県出身/筑波大卒

eBay仕入れヤフオク!販売で脱サラ。
得意分野はアンティーク。
現役で稼ぎつつ情報発信、個人コンサル、
セミナー講師をしています。

2014年 副業で輸入転売を開始
2015年 月収50万円達成、脱サラ
2016年 月収70万円達成、会社員時代の年収超え
2017年 月収130万円達成、
雑誌「BIGtomorrow」に2回掲載


ブログランキングに参加中です。
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

アーカイブ