ヤフオクで来た質問をアピールに利用するテクニック

ヤフオク 質問 質問欄 回答

こんにちは、栗山修治です。

 

昨日はヤフオクにおける

質問への対応方法について

パターン別にお話ししましたが、

 

今日は返答する際に

落札率が上がるテクニックをお伝えします。

 

それは表題の通り

【来た質問をアピールに利用する】

ということです。

 

どういうことかと言うと、

質問に回答する際、

 

例えば

「ウォッチリストが沢山入っているのでお早めに」

「ヤフオク以外でもお問い合わせが多い」

「非常に数が少ないのでもう手に入らないかもしれない」

 

といった文面を付け加えて

競争率や希少価値の高さをアピールするということです。

ただ何となく文字スペースを余らせるのも勿体ないですからね。

 

このテクニックによって、

質問に回答した直後に

質問者の方「以外」から落札されたことが何度かあります。

 

ただ注意したいのは

・嘘はつかないこと

 (事実や可能性の範囲内でアピールすること)

・自然な文面になるように書き加えること

 (不信感を持たれうるので、不自然になるくらいならやらないこと)

ですね。

 

ヤフオクの質問欄というのは

回答さえすれば誰でも見られる状態になるので

当然ながら、質問者の方以外も見ています。

 

やってはいけないことは、

失礼な質問が来たからと言って

こちらも雑な対応をしたり

 

自信のない質問が来た時に

無回答のまま流したりすることです。

(昨日の記事の通り、分からないなら分からないと答えてOK)

 

質問が来るということは

多少なりとも興味を持たれているので

できることはやっておきましょう。

 

「人の目は気にするものではなく、利用するもの」

と思っておくと

ビジネスだけでなく日常生活でも役立つかもしれません。

 

今回もお読みいただき、ありがとうございました。


--------------------------------------------------------

ブログランキングに参加中です。
今回の記事がご参考になりましたら
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

--------------------------------------------------------
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

栗山修治
自営業/1988年度生まれ/埼玉県出身/筑波大卒
eBay仕入れヤフオク!販売で脱サラしました。

現在は
・eBay→ヤフオク(アンティーク)
・無在庫ネットショップ
・情報発信
・個人コンサル
・セミナー講師
をしております。

【実績】
2014年 副業で輸入転売を開始
2015年 月収50万円達成、脱サラ
2016年 月収70万円達成、会社員時代の年収超え
2017年 月収130万円達成、
    雑誌「BIGtomorrow」に2回掲載
2018年 コンサル生が2名独立、セミナー初主催、
   「自由商人ネットワーク」開設


ブログランキングに参加中です。
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ