知識・経験ゼロから副業を始め独立起業した元普通のサラリーマンです。

なぜ、あなたは不良在庫の損切りがなかなかできないのか?

2017.06.10

なぜ、あなたは不良在庫の損切りがなかなかできないのか? はコメントを受け付けていません。

転売 輸入ビジネス 損切り 赤字

こんにちは、栗山修治です。

 

商品を仕入れて、在庫を抱えて販売していくスタイルにおいては

どうしても「売れ残る商品」が出てきます。

 

これは今の僕でも

どんな上級者でも

どんな企業でも必ず発生します。

 

長い間なかなか売れない在庫のことを

「長期在庫」とか「不良在庫」と呼んだりしますが、

こういった在庫は必ず「損切り」をしなければいけません。

 

損切りとは

多少の赤字を出しつつ

安売りして現金化してしまうことですね。

 

これはどんなプレーヤーでも必須のことなのですが、

輸入転売に取り組む方は

かつての僕と同じようになかなかこれが出来ないのです。

 

なぜ出来ないかというと、

行動心理学で「損失回避の法則」といって

利益を得ることよりも損失を回避することを優先する心理が働くからです。

 

例えば3万円の商品を仕入れたとしたら、

4万円で出品するのはもちろん楽勝でできますし

3万円に値下げするのも割と抵抗なくできるのですが、

 

3万円よりも低い価格で売って赤字にすることはなかなか出来ないわけです。

それが将来のためと分かっていても、です。

 

ここで僕の失敗談をお話しすると

ご多分にもれず損切りを避け続けた結果

売れない在庫を200万近く抱えてしまったことがあります。

 

当然資金繰りが非常に苦しくなりました。

 

こうなるとリサーチの際にも余裕がなくなって

相場やコンディションの見間違えなど初歩的なミスが多くなり

一発逆転を狙ってハイリスクハイリターンな商品を仕入れがちになります。

(そして大抵リスクの方が当たってしまう)

 

ですから

長期的に稼ぎたいのであれば

「損をしたくない」という感情を理性で抑えて

きっちり損切りをしなくてはなりません。

 

物販はキャッシュフローが命ですから

売れない在庫は早く現金化して次の仕入れに回すべきです。

 

パワーセラーほど損切りは適切なタイミングで行っていますし

その資金で黒字を大きく出してトータルでプラスに持っていっています。

赤字ゼロで大きく稼ぐことは不可能です。

 

あなたももし

ずっと売れない在庫があってビジネスが進展しないのであれば

サクッと現金化して次の行動に回しましょう。

 

「損したくないという気持ちが最も損をする」

と認識して、今後のために一時的なマイナスは受け入れましょう。

今回もお読みいただきありがとうございました。


--------------------------------------------------------

ブログランキングに参加中です。
今回の記事がご参考になりましたら
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

--------------------------------------------------------
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

プロフィール

栗山修治
自営業/1988年度生まれ/埼玉県出身/筑波大卒
eBay仕入れヤフオク!販売で脱サラしました。

現在は
・eBay→ヤフオク(アンティーク)
・無在庫ネットショップ
・情報発信
・個人コンサル
・セミナー講師
をしております。

【実績】
2014年 副業で輸入転売を開始
2015年 月収50万円達成、脱サラ
2016年 月収70万円達成、会社員時代の年収超え
2017年 月収130万円達成、
    雑誌「BIGtomorrow」に2回掲載
2018年 コンサル生が2名独立、セミナー初主催、
   「自由商人ネットワーク」開設


ブログランキングに参加中です。
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ