知識・経験ゼロから副業を始め独立起業した元普通のサラリーマンです。

eBayから仕入れた商品が破損していたときの対処法

2017.07.13

eBayから仕入れた商品が破損していたときの対処法 はコメントを受け付けていません。

eBay 破損 返品 返金

こんにちは、栗山修治です。

 

リサーチをし、eBayで商品を購入したら

あとは日本の自宅へ到着するのを待つのみですが、

ようやく商品が届いたと思ったら破損していることがあります。

 

これは誰もが一度は必ず経験します。

こんな時はどうすれば良いでしょうか?

 

まず、覚えておいてほしいことは

「返金はほぼ確実にされるので冷静に対処する」

ということです。

 

eBayにはマネーバック・ギャランティー(返金保証)といって

トラブルの際の保証がたくさん用意されています。

もちろん到着時の破損についてもカバーされています。

 

詳しく知りたい方は

eBayの公式サイト(日本語)をご参照ください。

https://www.ebay.co.jp/trust-and-safety/protection/money-back-guarantee/

 

この保証のもとで

追うべき手順を追って行動していけば

壊れていたのに返金がされないことはまずありません。

 

具体的な手順は以下の通りです。

(1)壊れた商品の写真を撮る

(2)ケースオープンする

(3)セラーと相談する

(4)eBayに介入してもらう

 

(1)壊れた商品の写真を撮る

最初にするべきは、破損した商品の証拠写真を撮ることです。

あとでeBayに提出する必要があります。

 

破損した箇所がはっきりと分かれば

基本的にどのような写真でもいいと思いますが、

僕はなるべく破損した商品が箱に入った状態のまま撮って

到着時に破損していたことが分かりやすいようにしています。

 

注意点として、「そのままの状態で返品」とeBayに指示される場合もあるので、

梱包されたダンボール含めてすべてそのまま保管しておき、

中に入っている緩衝材なども捨てないようにしてください。

 

(2)ケースオープンする

eBayにある購入履歴のページから該当の商品を選びます。

 

トップページの右上

「My eBay」→「Purchase history(購入履歴)」をクリックします。

 

 

該当商品の「More actions」→「Contact seller」をクリック。

(画像クリックで拡大します)

ebay 仕入れ 破損 返品 購入

 

選択肢を選ぶ画面になるので

「I received an item that wasn’t as described」

(説明と異なる商品を受け取った)をクリック。

 

eBay 返品 ケース オープン 提起

 

「request a refund」をクリック。

eBay 返金 保証

 

ケースオープンの画面に移ります。

ケースオープンとは、ケース(eBay内での訴え)という場を開き、

eBayの監視下でセラーと話し合う機会を設けることです。

 

到着時破損の場合は

「Select a reason」から「Arrived damaged」を選び、

「Add details」に英語で状況説明を記入し

カメラマークのところをクリックして証拠写真をアップロードします。

 

最後に「Request a return」をクリックすると

ケースオープンが完了します。

 

 

(3)セラーと相談する

セラーから返信が来たら

ケースオープンをした先のページでやり取りを開始します。

 

基本的に素直に返金に応じてくれるので、そのままPayPal経由で

返金を受け取れば完結します。

 

しかしここで返金を認めず、「運送会社の責任なので

運送会社の保険を適用してください」とするセラーもいます。

この場合ですが、セラーに従わなくて構いません。

 

実際にセラーの指示通り運送会社の保険を

使おうとしたことがありますが、手続きが面倒で時間がかかる上に、

結局保険が下りず、eBayの保証期間も過ぎてしまった経験もあるからです。

 

到着時の破損は基本的に梱包不十分が原因ですし

自分が一方的に不利益を被っては元も子もないので、

セラーの責任として話を進めてください。

 

(4)eBayに介入してもらう

ケースオープンをしてセラーと話し合っても解決しない場合、

もしくはそもそもセラーから返信がない場合は、

eBayに介入してもらって最終決定を下してもらいます。

 

ケースオープンしたページに

「Ask us to step in and help」というリンクが

出てきますのでそこをクリックすると、

 

話し合いの状況を説明するためのフォームが出てきますので

英語で簡潔にまとめて介入を要請します。

 

到着時破損の場合は、よほどのことが無い限り

返金が認められるはずです。

 

以上が商品が破損していた時の

基本的な流れになります。

 

ポイントとしては、

冒頭でも軽く触れたように

やるべきことをやればほぼ間違いなく返金されるので

セラーの拒否や、セラーのややこしい指示にうろたえず

冷静に・毅然とした対応をすることです。

 

最初のうちは精神的に消耗するかと思いますが

これも慣れですので、ひとつずつ経験を積んでいきましょう。

今回もお読みいただきありがとうございました。

 


--------------------------------------------------------

ブログランキングに参加中です。
今回の記事がご参考になりましたら
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

--------------------------------------------------------
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

プロフィール

栗山修治
自営業/1988年度生まれ/埼玉県出身/筑波大卒
eBay仕入れヤフオク!販売で脱サラしました。

現在は
・eBay→ヤフオク(アンティーク)
・無在庫ネットショップ
・情報発信
・個人コンサル
・セミナー講師
をしております。

【実績】
2014年 副業で輸入転売を開始
2015年 月収50万円達成、脱サラ
2016年 月収70万円達成、会社員時代の年収超え
2017年 月収130万円達成、
    雑誌「BIGtomorrow」に2回掲載
2018年 コンサル生が2名独立、セミナー初主催、
   「自由商人ネットワーク」開設


ブログランキングに参加中です。
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ