知識・経験ゼロから副業を始め独立起業した元普通のサラリーマンです。

オークファンの落札相場データを鵜呑みにしてはいけないとき

2017.08.14

オークファンの落札相場データを鵜呑みにしてはいけないとき はコメントを受け付けていません。

オークファン 輸入ビジネス 転売 リサーチ

こんにちは、栗山修治です。

 

eBay→ヤフオク輸入転売ビジネスにおいて

「オークファン」は絶対に欠かせません。

 

過去10年分にわたって落札相場が分かり

リサーチの際に常に見続けるサイトですが、

一部のデータに不完全なところがあります。

 

非常に細かい部分ですが

たまに赤字を防げることがあるので

ご紹介しておきます。

 

(1)取引が成立していなくてもデータが残る

どういうことかというと、

ヤフオク上で一度落札されると

取引が完結したかどうかに関わらず

オークファンにデータとして残るということです。

 

注意したいのは

異様に落札価格が高い商品が

オークファンで見つかった場合。

 

これが仮に入札数100を超えていようとも

たまに落札後にキャンセルや返品がされていて

取引が成立していない場合があります。

 

それでもなおオークファンには残るので

儲かる商品と錯覚するわけです。

 

ヤフオクで検索をかけると

全く同じ商品がしれっと再出品されていたりしますので

疑わしい場合は一度検索してみましょう。

 

(2)落札されてもデータが残らない場合がある

出品した後短時間、24時間以内に落札された商品の一部は

オークファンに残っていません。

 

僕自身が過去に販売した商品も

24時間以内に売れたものはいくつか

オークファンに残っていないと気付きました。

2年以上経っているものも含めて残っていません。

 

また、ヤフオクで落札されてからオークファンに

反映されるまで若干タイムラグがあるので

この期間に相場がガタ落ちしていることに

気づかないパターンもあります。

 

一方で、ヤフオクの落札相場検索機能には

即時反映されますし、今まで見た限り取りこぼしもないので

オークファンとヤフオクの両方で過去相場を検索する癖を

つけると良いかと思います。

 

人間が作ったものには必ずバグがある

オークファンは極めて強力なツールですが、

やはり人間が組んだプログラムである以上

どうしてもバグはあります。

 

ネットビジネス業界では「ツール」の類が流行っていますが

100%依存しないこともまた大切ですね。

 

今回もお読みいただきありがとうございました。


--------------------------------------------------------

ブログランキングに参加中です。
今回の記事がご参考になりましたら
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

--------------------------------------------------------
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

プロフィール

栗山修治
自営業/1988年度生まれ/埼玉県出身/筑波大卒
eBay仕入れヤフオク!販売で脱サラしました。

現在は
・eBay→ヤフオク(アンティーク)
・無在庫ネットショップ
・情報発信
・個人コンサル
・セミナー講師
をしております。

【実績】
2014年 副業で輸入転売を開始
2015年 月収50万円達成、脱サラ
2016年 月収70万円達成、会社員時代の年収超え
2017年 月収130万円達成、
    雑誌「BIGtomorrow」に2回掲載
2018年 コンサル生が2名独立、セミナー初主催、
   「自由商人ネットワーク」開設


ブログランキングに参加中です。
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ