MENU
カテゴリー
プロフィール

栗山修治
株式会社リスタート 代表取締役
1988年度生まれ/埼玉県出身/筑波大卒

eBay仕入れヤフオク!販売で脱サラ。
現役で稼ぎつつ情報発信、個人コンサル、
セミナー講師などしています。

2014年 副業で輸入転売を開始
2015年 月収50万円達成、脱サラ
2016年 月収70万円達成、会社員時代の年収超え
2017年 月収130万円、年商2500万円達成、
雑誌「BIGtomorrow」に2回掲載
2018年 コンサル生が2名脱サラ、
リアルセミナー初主催、オリジナル教材リリース
2019年 月収230万円達成、
    年収1500万円達成(利益)、更新中


ブログランキングに参加中です。
応援クリック是非よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

【eBay輸入→ヤフオク転売】儲かる商品が見つからない初心者にありがちな原因

ebay 輸入 儲かる商品 見つからない

※以下のYouTubeでも
お聴きいただけます。

あわせて読みたい
- YouTube Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.

 

栗山です、

今回は
『儲かる商品が見つからない
ありがちな原因』
について解説します。

今回も
eBay→ヤフオク輸入転売ビジネスの
稼ぎ方について、

定番の
「儲かる商品が見つからない」
というお悩みを解決する方法を
シェアします。

まず、
利益商品が発見できない原因は
大体パターンが決まっています。

私も、これまで5年近く
コンサルをやってきた中で

沢山の方が悩んでいる
ように見えて、実は原因が
かなり共通している

ことが分かってきました。

今回は、その中でも特に
初心者が陥りがちな典型的原因
にフォーカスして話します。

これだけでも劇的に
利益商材を仕入れやすくなる
はずです。

大前提として、
利益が出るアイテムなど
無限に、腐るほどあります。

「本当に?」
「正直信じられない…」

という方もいるかもしれませんが

私たちのリサーチ範囲は
eBayに存在している
『全世界』の商品です。

私がやってきた実感として

儲かる商品は
「見つかりすぎて、資金や
仕入れをする時間が追いつかない」
くらい膨大にあります。

リサーチを正しく習得すれば
ゲーム感覚で、アホみたいに
どんどん発見できるようになります。

そして、
リサーチに苦戦している方は

儲かる商品が
『ない』のではなく
『見落としている』ケースが
めちゃくちゃ多いです。

本当は目の前の画面に
お宝が映っているのに、

「儲からないでしょ」と
スルーしてしまっている
ケースが非常によくあります。

もったいないですよね。

そこを拾えるだけでも
利益は格段にアップします。

リサーチの可能性が
断然広がりますので
必ずこの記事を最後まで読んでください。

では本題に入りますが、

初心者にありがちな
儲かる商品が見つからない原因、とは

『日本に送れない商品を諦めている』
ことです。

つまり、eBayで出品されている商品が
「日本に送れません」と表示されている
段階で見送ってしまう

この致命的なミスが
よく見受けられます。

具体的に言うと
eBay画面のこの部分です。

ebay 輸入 リサーチ 仕入れ

「May not ship to Japan」(日本に送れない可能性あり)
と書いてあります。

ここが赤文字で
「Does not ship to Japan」(日本には送れません)
と記載されている場合もあります。

本来だったら、
日本への送料が下記画像のように
表示されているのですが

ebay 輸入 仕入れ 送料

こうではなかった時点で
断念してしまう初心者の方が
後を絶ちません。

が、こういった商品ほど
実はチャンスです。

「送れない」と書いてあるアイテムでも
日本に送ってもらえるものは
かなり多いです。

では一体、どうすれば良いのかというと
『セラーに質問する』
ことです。

「質問ってできるんですね!」
という驚きの声を
いただくこともありますが

その機能はちゃんと備わっています。

なので、ぜひ活用してください。

手順としては

1、商品右側の「Contact seller」をクリック

ebay セラー 質問の仕方 メッセージ

2、いろいろ選択肢が出ますが、無視して
「Contact the seller」をクリック

ebay セラー 質問 コンタクト

3、メッセージを入力し、
「Send a copy to my email address」にチェックを入れ
「Send message」をクリック。

※「Send a copy to my email address」は
メールに履歴を残すために使用します

eBay 質問 メッセージ 入力

これでメッセージの送信が完了します。

文面としては

Hello,
I’m interested in this item.
How much is the shipping cost to Japan?
Best Regards,

こんにちは、
私はこのアイテムに興味があります。
日本までの送料はいくらですか?
よろしくお願いいたします、

などが基本形ですね。

ここは状況に応じて
アレンジしても良いです。

、、、と、いった感じで

セラーに問い合わせると
日本に送ってくれるケースが
結構多いです。

特に、儲かっている人ほど
一見日本に送れない商品を
ガンガン直送してもらっています。

なので稼ぐためには
絶対に欠かせません。

また、勉強熱心な方や
輸入転売をある程度
実践されている方だと

「転送会社を使えば
良いんじゃないですか?」

という意見もあるかと思います。

転送会社というのは

日本に直送できない商品を
海外で代わりに受け取って、
日本に送ってくれる代行業者
のことです。

確かに、それも有効です。

が、あくまで最終手段ですね。

業者を挟むということは
当然、コストも時間も発生します。

利益が圧迫されますし、
破損時の保証がきかなかったり、等
トラブルの際にも面倒な事態に
なりやすいです。

私も転送会社経由で
仕入れた商品が壊れ、
なんだかんだと書類の提出を
求められた挙げ句

結局、1円も返金を受けられなかった
ことがあります。

なので、私も極力
転送会社は使いません。

転送会社を利用するのは
セラーに日本へ送ってもらう
ことを拒否され、

なおかつ
是が非でも欲しいアイテムだった
場合に限りますね。

とにかく、ベストは
セラーと交渉して
日本に直接送ってもらうことです。

これがコストも時間も少なく、
破損時にもeBayの返金保証で
スムーズにお金が戻ってくるので
一番良いです。

こういった感じで
「受け身にならないこと」が
稼ぐ上での必須思考パターンです。

・できないと書いてあった
・ダメと言われた
・やり方がどこにも出ていない

こういった状況は、
副業や個人ビジネスで
お金を稼ぐ上でいくらでも直面します。

その際に
「ダメなんだ」と放棄するのではなく
「では、どうやったらできるか?」と
考えることです。

この両者の違いがまさに
『サラリーマン思考』と『起業家思考』
の違いでもあります。

私もガチガチの
会社員マインドだったので

「駄目と言われたことでもやっていい」

という発想がありませんでした。

が、ビジネスの世界に入って
そんな風に貪欲に行動する
人たちの多さに

頭を「ガツン」とやられました。

でもここは、意識しながら
ビジネスを継続していくうちに
必ず変われると思います。

まずは、今後も
輸入転売のリサーチを続ける中で

「日本に送れません」

と表示されている商品に対して
問い合わせを送るところから
始めてみてください。

この他にも、

『儲かる商品が見つからない原因』は
色々とあります。

今回の記事だけを知っても
利益商材が発見しきれない
可能性は大いにあります。

し、この他にも原因を把握しておくと
この先もつまづきにくくなり
圧倒的に利益が伸びやすくなるはずです。

その他、利益に直結する
テクニックなどもシェアしていくので

続きが知りたい場合は
無料のメルマガを読んでください。

あまり公に出せない
裏情報なども沢山あります。

【利益商品を死ぬほど見つける!】
https://saipon.jp/h/mailblog

追伸

「リサーチで悩んでいるので
個別のアドバイスがほしい」

「まどろっこしい勉強はせず、
今すぐ稼ぐ知識をゲットしたい」

という場合は

50分間の個別コンサルを
受けてください。

1日3名様限定:
http://shuji7.com/maillp/skp50n2

栗山修治

【商品一覧はこちら】
http://shuji7.com/maillp/shouhinichiran

※この文章の著作権は全て栗山修治にあります。
著作権者の許可なく、この文章の全部又は一部をいかなる手段においても
複製、転載、流用、転売等することを禁じます。
(コンテンツを無断流用した改変の場合も含む)
また、集客・SEO対策目的でのレビュー記事・動画投稿、内容を暴露することによるビジネス行為などの全てを禁じます。
上記違反した場合は厳重な法的処置を取らせていただきます。
当コンテンツはあくまでも個人の使用に留めておくようご注意ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる