MENU
カテゴリー
プロフィール

栗山修治
株式会社リスタート 代表取締役
1988年度生まれ/埼玉県出身/筑波大卒

eBay仕入れヤフオク!販売で脱サラ。
現役で稼ぎつつ情報発信、個人コンサル、
セミナー講師などしています。

2014年 副業で輸入転売を開始
2015年 月収50万円達成、脱サラ
2016年 月収70万円達成、会社員時代の年収超え
2017年 月収130万円、年商2500万円達成、
雑誌「BIGtomorrow」に2回掲載
2018年 コンサル生が2名脱サラ、
リアルセミナー初主催、オリジナル教材リリース
2019年 月収230万円達成、
    年収1500万円達成(利益)、更新中


ブログランキングに参加中です。
応援クリック是非よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

【一生稼げるスキル】食いっぱぐれない副業=物販である理由

副業 おすすめ 物販 転売

※以下のYouTubeでも
ご覧いただけます。

あわせて読みたい
- YouTube Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.

栗山です、

今回は
『一生稼げるスキルがつく
副業=物販である理由』
について話します。

今、世の中が極めて不安定ですね。

コロナショック、
ウクライナ戦争、
食糧危機、
台湾有事、
異常気象・・・

私たちの身の回りでも
物価が高騰しており

食料も光熱費も
何もかも値上がりしてますよね。

こうした中で
「会社の将来が不安」
「老後のお金が心配」
という方も爆発的に増えました。

実際、私のところにも

「会社の給料一本だと
ヤバいと思ってます」
「新しい収入の柱を作りたいです」
「リアルに生活が苦しくなってます」

というご相談が
ここ1−2年で明らかに
増加したと感じます。

私自身も、
もうそろそろ本腰を入れて
動かないとマズいタイミングだと思います。

これ以上、お金の現実から
目を逸らしていると
来年以降は本当に手遅れに
なりかねません。

そこで、今回シェアしたいのは
『一生食いっぱぐれない方法』です。

先が読めない時代だからこそ
『変化に強く、ずっと通用する稼ぎ方』
身につける必要があります。

それが、私が普段発信している
『物販』である、
という趣旨なのですが
今回はその理由を説明します。

もしあなたが
「副業初心者である」もしくは
「物販に興味がある」ということであれば
必ず最後まで読んでください。

では本題に入りますが、

まず
『物販とは何か?』について
念のためご説明します。

物販とは「物の販売」のことで
『形のあるものを販売するビジネス』
のことです。

その中でも一番基本的なやり方は
『安く仕入れて高く売る』方法。

いわゆる「転売」「せどり」
なんかとも呼ばれます。

実際、副業の世界では
初心者向けの選択肢の一つです。

ではなぜ物販だと
一生稼げるスキルがつくのか?
についてですが

その理由を
3つご説明します。

目次

【1:物販ビジネスは永遠に無くならないから】

当たり前ですが、
私たちはモノなくして
生活できませんよね。

これは今もこれからも
絶対変わらないはずです。

で、モノが存在し続ける限り
価格差が必ず発生するので、
物販ビジネスも必ずできます。

「価格差が必ず発生する」
とはどういうことかというと、

例えば、

・同じ品物でも
日本と海外では価値が変わるので
値段も変わる

(海外で買うと安い
ブランド品は沢山ありますよね)

・国内でも
手に入りにくい地域だったら
値段は上がる

(富士山の頂上では
500ミリペットボトルの水が
500円します)

・生産が足りず、入手困難になって
価格が跳ね上がることもある

(2年前にマスクが高騰しましたね)

・時間が経過して
プレミアがついたら
高額になることもある

(アンティーク商品なんかは
そうですね)

・売っている人に同情して
高く買ってしまう

(ラッセンの絵画商法)

・・・などといった具合です。

なので、モノさえあれば

●移動させるだけで
●売る媒体を変えるだけで
●時間を置くだけで
●タイミングを狙うだけで
●シチュエーションを変えるだけで

値段は変動するのです。

だから、モノがある限り
物販ビジネスはなくなりません。

実際、物販という商売自体が
物々交換の終わりから
ずーっと続いているので

人類史上一番古いビジネス
と言っても過言ではないと思います。

ちなみに、日本では
最初に貨幣ができたのが
7世紀後半と言われているので

1300年ほど歴史が
あることになります。

とにかく、モノがある限り
人類は物販を続けていくはずです。

【2:物販はあらゆるビジネスの基本だから】

すでに書いた通り、
物販の一番基本的なやり方は
『安く仕入れて高く売る』
です。

身の回りの
コンビニもスーパーも
ありとあらゆる企業も
このビジネスモデルで稼いでおり

物販はビジネスの基礎基本
と言えます。

「安く仕入れて高く売るスキル」
もそうですし、

「価格差を見つけ出すスキル」
もまた基本のビジネススキルです。

あとは
「価格差を作り出すスキル」
もそうだと思います。

上に列挙した
価格差が生まれるパターン
もそうですが

「付加価値をつける」
なんてのもそこら中で
行われていますよね。

転売ビジネスでも
おまけや特典を
商品につけて売る人はいますし

商品を加工、メンテナンスしたり
アフターサービスを付けて
価格を上げている業者もいますよね。

これもまた
基本的なビジネススキルです。

あとは値段設定の仕方や
商品の売り方、魅せ方など

物販を通じて
基礎的なスキルを一通り
身につけることができます。

これはいつになっても
ずっと使えます。

【3:すべてを失ってもやり直せるから】

最低限、
「安く仕入れて高く売る」
つまり転売で稼げるスキルを
つけておくと

仮にすべてを失っても、
またこの稼ぎ方で
ゼロからやり直せます。

転売ビジネスから始めた場合、
稼げるようになったら
より高度な物販ビジネスへ
シフトしていったり

情報発信ビジネスなどを
やってみたり

あるいは軍資金を作って
全く別分野で起業したりなど、
人によって進路は分かれますが

万が一ダメになったとしても
また『転売』から再出発できます。

私自身も、
転売で食べていけるだけの
スキルは身についたので

もし何かあっても、
転売ですぐに稼いで
復活できる自信はありますし
その安心感も大きいです。

今までに色んなビジネスを
経験してきたからこそ、

「物販」が他と違って
リカバリーが効きやすいことを
肌で感じています。

例えば、私自身が発信している
YouTubeなんかもそうですが

ユーチューバーは
YouTubeが無くなったら終わりです。

よほど人気があれば
別媒体でやり直せるでしょうが、

ほどんどの人は
YouTubeが消滅しなくても

広告収入がカットされたり、
規制が強化されたり、
動画がBANされた時点で致命傷です。

今のところ、私は幸いにも
YouTubeは続けられていますが
良くも悪くもトレンドに乗った
稼ぎ方だと思います。

他にも
アフィリエイトを挫折したり、
仮想通貨で200万円を失った方の
話を聞いたり、

データ入力などの人気副業も、
単価が下がっていたりなどで
稼げなくなっている現状を踏まえると

潰しがきき、長期的に稼げるのは
やはり物販だと考えています。

このスキルをつけておいて
損になることは絶対ありません。

私自身、稼げなかった頃から
物販をやってきて
心から正解だと思っています。

物販、転売、せどりは
「地味」「古臭い」「面倒くさい」
といったイメージもありましたが

『一生使える』という点は
やってみて始めて気付きました。

もちろん、稼ぎ方は
変化していくと思います。

私の場合は
eBayから仕入れて
ヤフオクで転売する手法を
主に教えていますが

時代の変化とともに
やり方も少しずつ
変わってきています。

なので、時代に合わせて
移り変わる部分はありますが

それでも根幹の
『安く仕入れて高く売る』
という部分は変わりません。

基本的なスキルさえ
押さえておけば、
稼ぎ続けることは可能ですので

『今後もずっと安定して
稼げるスキルをつけたい』

ということであれば
私は物販を一番オススメします。

追伸:

ここまでの内容を読んで

「自分も物販をやってみたい」
「もう少し詳しく知りたい」
「始め方を知りたい」

ということであれば
以下のリンクから
『初心者向け無料マニュアル』
を読んでください。

期間限定の配布なので
削除してしまう前に今すぐ
手に入れておいてください。

【一生稼げるスキルをつける方法】
https://saipon.jp/h/mailblog

栗山修治

【商品一覧はこちら】
http://shuji7.com/maillp/shouhinichiran

※この文章の著作権は全て栗山修治にあります。
著作権者の許可なく、この文章の全部又は一部をいかなる手段においても
複製、転載、流用、転売等することを禁じます。
(コンテンツを無断流用した改変の場合も含む)
また、集客・SEO対策目的でのレビュー記事・動画投稿、内容を暴露することによるビジネス行為などの全てを禁じます。
上記違反した場合は厳重な法的処置を取らせていただきます。
当コンテンツはあくまでも個人の使用に留めておくようご注意ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる