仕入れるべきかどうか迷った時の考え方

こんにちは、栗山修治です。

今日は初詣に行ってきました。

10日までずらせば大丈夫かなと思いきや、まだ人が多かったですね。

 

僕は商売繁盛を祈りましたが、商売が繁盛するということは

より多くの人の役に立つということですから

僕自身もそれに相応しい人間になれるよう頑張ります!

 

さて、今日は仕入れの際に生じる「迷い」について書いていきます。

 

リサーチをしている中で

「仕入れるべきかどうか悩む」

場面は、始めて間もないうちほどたくさん出てきます。

「儲かるか儲からないか微妙」という感じの商品です。

 

そんな時は、結論から言えば「迷ったらGO」ですね。

特に経験の浅い時ほどそうです。

 

オークファンのデータがいびつな商品はたくさんありますよね。

やたら価格に振れ幅があるとか

最近は全く出品されていないのに数年前は大量に出ていたとか

逆に最近になって初めて出品されだしたとか。

必ずしも価格差が分かりやすい商品ばかりではないですね。

 

こういった変な商品があった場合、

できる限りのことを調べて判断材料を集めるのはもちろんですが、

それでもなお迷うのであれば、もう仕入れてしまうのが一番早いですね。

 

あまり自信のない商品に限って儲かったりしますので。

こういう利益を逃すほうがむしろリスクです。

 

それに、迷うそもそもの原因は、知識や経験が足りないことなので

いくら悩んでも仕方のないことです。

 

実際に仕入れてみることで一気に知識や経験が獲得できますので

「商品を仕入れることは知識や経験を仕入れること」と捉えて

攻めるのが良いでしょう。

そう考えればどんな結果でもプラスに終わります。

 

ちなみに、私見では

初めのうちから積極的に仕入れをして

黒字も赤字も大量に経験していく人が稼ぐのも早いですね。

いわゆるPDCAサイクルをガンガン回していくので

リサーチの精度が高まるのも早いです。

 

仕入れで失敗するのは当たり前のことですし

(僕もいまだによく失敗しますし)、

のちのち大きく稼ぐのに必ず役立つことですから

資金に余裕がある限りは原則攻めていきましょう。

 

今回もお読みいただきありがとうございました。


--------------------------------------------------------

ブログランキングに参加中です。
今回の記事がご参考になりましたら
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

--------------------------------------------------------
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

FAST PIC

栗山修治
自営業/1988年度生まれ/埼玉県出身/筑波大卒

eBay仕入れヤフオク!販売で脱サラ。
月収100万円等を目標に活動中。

2014年 副業で輸入転売を開始
2015年 月収50万円達成、脱サラ
2016年 月収70万円達成、会社員時代の年収超え
2017年 雑誌「BIGtomorrow」に掲載



ブログランキングに参加中です。
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

アーカイブ