赤字だからこそ誠実に対応する

こんにちは、栗山修治です。

今日はタイトルの通り、

「赤字になった場合こそお客様には誠実に対応しよう」

ということをお話しします。

 

輸入転売を続けていると、赤字は必ず出るものです。

僕もすべての商品が黒字ということはなく

今でも赤字になる商品はあります。

 

あなたは儲かった場合と赤字になった場合とで

お客様への対応が変わっているでしょうか?

 

対応が多少いいかげんになったり

発送が多少遅れがちになったり。

 

僕自身は、正直始めたばかりの頃は

黒字のお客様と赤字のお客様とで

やや対応に差がありました。

やはり儲かる場合の方がモチベーションは高かったですね。

 

ですが、今では両者に全く差をつけていませんし

むしろ「赤字だからこそ誠実に対応するべき」

と思っています。

 

それは

「赤字を出した場合に限って熱心なリピーターがつくもの」

と考えているからです。

 

実際、僕のリピーター様の中には

20回以上買っていただいている方がいらっしゃいますが

最初に販売した商品は24,000円の赤字でした。

もちろんトータルでは既にカバーさせていただいています。

 

なぜリピーターになっていただけたかというと

やはり「信頼」がキーワードかと思います。

 

どうせ赤字だし・・・とおざなりな対応をせず

誠実な対応、丁寧な梱包、早めの発送を徹底する。

 

その積み重ねの中でリピーター様として定着され

商品のリクエストもいただけるようになりました。

 

感情に任せて適当にやっていたら

他の出品者の方へ流れていたはずです。

 

もちろん、無茶な値下げ交渉をする方にも我慢して売れとか

クレーマーの方にも逐一丁寧に応対しろということではありません。

そういった方々にはむしろ毅然とした対応を取ります。

 

そうではなく、まっとうなお客様に対しては

赤字うんぬん関係なく最後まで誠実に対応するという

ごく当たり前の話です。

 

赤字というのは短期的に見れば落ち込みがちですが

長期的に見ればプラスになる部分は少なくありません。

 

商売は「長く続けること」が一番難しいので

一喜一憂せず長期的な視点に立って考え行動してみてくださいね。

今回もお読みいただきありがとうございました。

 


--------------------------------------------------------

ブログランキングに参加中です。
今回の記事がご参考になりましたら
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

--------------------------------------------------------
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

FAST PIC

栗山修治
自営業/1988年度生まれ/埼玉県出身/筑波大卒

eBay仕入れヤフオク!販売で脱サラ。
月収100万円等を目標に活動中。

2014年 副業で輸入転売を開始
2015年 月収50万円達成、脱サラ
2016年 月収70万円達成、会社員時代の年収超え
2017年 雑誌「BIGtomorrow」に掲載



ブログランキングに参加中です。
応援クリック是非よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

アーカイブ