物価上昇、経済危機、、、会社に依存せず稼ぐ力をマスターする方法を公開します。

【転売の副業で稼ぐ】輸出ではなく輸入ビジネスを選んだ理由

2022.01.20

【転売の副業で稼ぐ】輸出ではなく輸入ビジネスを選んだ理由 はコメントを受け付けていません

ebay輸出 ebay輸入 どっち 無在庫

※以下のYouTubeでも
お聴きいただけます。

栗山です、

今回は
『輸出ビジネスではなく
輸入ビジネスを選んだ理由』
について話します。

読者さんから

「栗山さんはなぜ
輸出よりも輸入の方が
良いと思っているんですか?」

というご質問をいただきましたので
こちらに回答していきます。

実際、今の時代
物販ビジネスひとつとっても
たくさんの手法があります。

輸出も輸入も、
また国内転売と言われる
手法もあります。

それぞれの手法の中でも

・輸出だったら
eBay輸出やアマゾン輸出

・輸入だったら
eBay輸入やアマゾン輸入、
BUYMA(バイマ)や中国輸入

・国内転売だったら、
いわゆる「せどり」や
メルカリ、ヤフオク、ラクマ、
ヤフーショッピングを使った販売

などがあります。

またそれぞれの手法の中で
仕入先も色々ありますし
有在庫・無在庫の違いもあります。

とにかく無数の選択肢がありますので

初心者の方は
「どれにすれば良いんだろう」
と迷うはずです。

今回のご質問も、そんな中で
いただいたのだと思います。

では、私自身がなぜ
『輸入』を選択したのか?

ということについて
話していきますので
副業選びに役立ててください。

実際、
「自分に合っているビジネスを
選択すること」が
稼ぐ上で不可欠です。

いくら
「初心者でも稼げますよ!」
と言われるノウハウであっても

自分でやっていて
「違和感がある」「気が進まない」
等ということであれば

そのビジネスは
やらないのが賢明ですし

逆に、相性の良いビジネスであるほど
モチベーションも、行動力も上がり
結果も出やすくなります。

例えば、数ある物販ビジネスの中でも
「扱っている商材が好きになれるどうか」
は違ってくるはずです。

その辺りも含めて
お話していきますので

これから先、確実に
稼げるようにするためにも
必ず最後まで読んでください。

では、本題に入りますが

正直に言うと、
私が輸入ビジネスを選んだ
最初の理由は

「他の手法をよく知らなかったから」

です。

ネットで稼ぐ方法が
色々ありすぎて判断がつかず、

当時、たまたま良く
情報を目にしていたのが輸入
というのがきっかけです。

初めに知っていたのが
輸出だったら
そちらでスタートしていた
可能性ももちろんあります。

ただ、輸入で実際に
稼ぐこともできましたし、

2014年に実践を始めてから
今でもずっと輸入一筋です。

なので、輸出にシフトせずに
輸入だけで進んできている
という意味では「輸入を選んだ」
と言えるのではないかと思います。

ではなぜ、私が輸出ではなく
輸入だけを続けてきたのか?

というと
色々ありますが、
大きな理由の一つは

「ライバルの数が違いすぎるから」

です。

輸出、輸入といっても
冒頭で言った通り色々ありますので
「eBay輸出」と「eBay輸入」に
絞ってお話をします。

この2つだけでも
おそらく、輸出の方が10倍以上
ライバルが多いです。

日頃、いろいろな物販の
プレーヤーの方々から相談を
いただくのですが

とあるeBay輸出のスクールに
参加し、稼げなくて困っている
という方が

会員数が「2,000人以上」いる
と証言していました。

これを聞いた時に
私も驚きました。

というのは、
eBay輸入のスクールだと
「100人」を超えるほうが
おそらく珍しいからです。

同じeBayを使った手法なのに
全然規模が違うな、と思いました。

なぜ、ここまで
競争相手の数が違うのか?
というと

私が考える原因が2つあります。

1:情報発信者の数が多い

eBay輸出とeBay輸入だと
断然、前者の方が
情報発信者の数が多いです。

し、一人ひとりの
フォロワーも多いです。

情報発信者が多ければ
必然的に、興味を持つ人も
始める人も増えるわけですから

ライバルが増えるのは
自然な流れです。

ではなぜ、情報発信者の数自体が
多いのか?というと

一つは「マーケットが広いから」
だと思います。

輸入は日本のユーザーが
お客さんになるのに対し

輸出は全世界のユーザーが
お客さんになります。

それがビジネスチャンスだと考え、
プレーヤーとして始めた人が
多いと思われます。

ただし、
「マーケットが広いこと」と
「稼ぎやすさ」は
必ずしも一致しません。

YouTuberなんかが
わかり易い例ですが、

あれも、マーケットだけで言えば
YouTubeにアクセスできる
地球上のすべての人なわけですから
「広い」どころの話ではありません。

が、実際は競争が激しすぎて
ほとんどの人が
1円すら稼げません。

なので、
「マーケットが広いんです!」
というだけでは

稼ぎやすいことと
直結しないのですが

確かに、輸出の方が輸入よりも
広いことは事実です。

また、「eBay自体も
輸出ビジネスを推奨している」
というのもあると思います。

詳細:
https://www.ebay.co.jp/info/cbt-blog/cbt-p8/

一方、eBay輸入に関しては
発信している人がかなり少ないです。

特に、私のような
『eBay仕入れ→ヤフオク転売』に限定すると
極めて少数になります。

実際は、15年以上前から
存続している手法で
昔から稼げるのですが

なぜか未だに情報発信者も
ライバルも少ないです。

2:無在庫転売ができる

eBay輸出は
有在庫(在庫を抱える)転売も
無在庫(在庫を抱えない)転売も
両方のやり方があります。

このうち「無在庫」に関しては
やはり人気です。

eBay輸入だと、
ヤフオクもメルカリも
無在庫は明確な規約違反なので
絶対NGなのですが

輸出であれば
実践自体はできるようです。

「元手がゼロで稼げる」となれば
初心者が殺到するのも当然です。

が、私としては
eBay無在庫輸出は
グレーやアウトになる
ケースが多いと思います。

商品画像を他のサイトから
無断で転用することが多かったり
(これはeBayの規約違反です)

仕入先を日本国内の
フリマサイト(メルカリやヤフオク)
にした場合

匿名の出品者から仕入れるのは、
適法ではない、との見解が
去年、警視庁から示されているので
法律的なリスクもあります。

また、個人的には
ヤフオクに出品している商品が
無断でeBayに転載されていたりするので
感情的には複雑です。

だんだん慣れてはきましたが
最初のうちは「ムカつく」
というのが本音でしたね。

、、、、と、いった感じで

私が輸入を長年続けてきて
感じたメリットの一つは
『ライバルの少なさ』です。

輸出にも、輸入にも
どちらもメリット・デメリットは
ありますが

私自身は輸入をやってきて
収入も、人生も一変しましたし
本当に良かったと思っています。

し、輸入ビジネスが好きです。

「アンティーク等の
商材自体が面白い」
などの面もあるのですが

そういった部分も含めて、

楽しみながらかつ誠実に稼ぎたい
という方にこそ教えていきたい
という思いがあります。

ここまでを踏まえて、

もし
「輸入ビジネスを勉強してみたい」
「もっと具体的なやり方が知りたい」

と思った場合は
下記の無料メルマガを
読んでみてください。

今であれば、完全初心者の方向けの
無料マニュアルもお付けします。

【輸入ビジネスで楽しく安定的に稼ぐ方法】
https://saipon.jp/h/mailblog

※都合により配布を中止する
場合がありますので、
お早めにご入手ください。

栗山修治

 

【商品一覧はこちら】
http://shuji7.com/maillp/shouhinichiran

※この文章の著作権は全て栗山修治にあります。
著作権者の許可なく、この文章の全部又は一部をいかなる手段においても
複製、転載、流用、転売等することを禁じます。
(コンテンツを無断流用した改変の場合も含む)
また、集客・SEO対策目的でのレビュー記事・動画投稿、内容を暴露することによるビジネス行為などの全てを禁じます。
上記違反した場合は厳重な法的処置を取らせていただきます。
当コンテンツはあくまでも個人の使用に留めておくようご注意ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

初心者向けマニュアルを無料プレゼント

無料でビジネスが学べる動画600本以上!

プロフィール

栗山修治
株式会社リスタート 代表取締役
1989年生まれ/埼玉県出身/筑波大学卒
eBay仕入れヤフオク!販売で脱サラしました。

副業、ビジネス初心者の方
ネット物販で稼ぎたい方
に向けて情報発信とコンサルティングを
行っております。

【経歴】
サラリーマンの副業でネット物販スタート
→月収57万円を達成し脱サラ
→情報発信で月収290万円達成
→年収1500万円達成

また、雑誌「BIGtomorrow」に
2回掲載していただきました。

【指導実績】
物販専業で月収200万円(Yさん)
副業で月収120万円(Kさん)
副業で月収70万円→脱サラ(Nさん)
副業で月収10〜30万円多数 など

お客様の声はこちら


ブログランキングに参加中です。
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ