MENU
カテゴリー
プロフィール

栗山修治
株式会社リスタート 代表取締役
1988年度生まれ/埼玉県出身/筑波大卒

eBay仕入れヤフオク!販売で脱サラ。
現役で稼ぎつつ情報発信、個人コンサル、
セミナー講師などしています。

2014年 副業で輸入転売を開始
2015年 月収50万円達成、脱サラ
2016年 月収70万円達成、会社員時代の年収超え
2017年 月収130万円、年商2500万円達成、
雑誌「BIGtomorrow」に2回掲載
2018年 コンサル生が2名脱サラ、
リアルセミナー初主催、オリジナル教材リリース
2019年 月収230万円達成、
    年収1500万円達成(利益)、更新中


ブログランキングに参加中です。
応援クリック是非よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

【eBay輸入転売】リサーチ不要で儲かる商品をバンバン仕入れる方法

eBay輸入 輸入転売 物販 直接取引

※以下のYouTubeでも
お聞きいただけます。

あわせて読みたい
- YouTube Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.

栗山です、

今回は

『リサーチ不要で
儲かる商品をバンバン
仕入れる方法』

について公開します。

本日も
eBay輸入転売に関して
解説していきますが、

利益商品を探すための
「リサーチを毎日やるのが大変」
と感じている方も多いと思います。

最初のうちは
ひたすらリサーチに没頭する
時期も必要です。

でも、それだけでは
色んな意味で頭打ちになる
のもまた事実。

まず、リサーチを
毎日毎日継続するのは
現実問題、大変だと思います。

特に、サラリーマンの方ですと
「会社の仕事で忙しい」
「疲れている」
という時も多いはずです。

リサーチをすればするほど
儲かるのは分かっているが、
物理的に不可能な時もあると思います。

いくら輸入転売が
長期安定的に儲かる手法
だからといって

何年も何年も
リサーチをし続けている
わけにはいきません。

稼げたところで
自由な時間も取れなくなります。

結果的にシンドくなり
輸入転売の利益にも
ブレーキがかかってしまうでしょう。

ある程度
稼げるようになったら
『時間』を空けるための方法に
シフトしないといけません。

そこで今回は
『面倒なリサーチを一切せずに
美味しい商品をゲットできる方法』
をシェアします。

完全な不労所得とまでは
いかないですが、
いわゆる「半自動化」になり

ほとんど労力をかけずに
利益を得ることが可能になります。

月に1−2時間の作業で
月10〜20万くらいの利益増、は
現実的に起こるようになりますし

月50万や100万を稼いでいる方も
多用しているなど

輸入転売で
大きく稼いでいる方ほど
必ず取り入れているメソッドです。

・リサーチの単純作業から解放されたい
・月利を2倍、3倍に増やしたい
・利益を伸ばしながら暇な時間を作りたい

そんな場合は
必ず最後まで読んでください。

では本題に入りますが、

今回お伝えする方法とは
ズバリ『直接取引』です。

直接取引とは
「売り手と買い手で直接
商品の取引をすること」

つまり、
eBayやヤフオクを介さずに

eBayの出品者や
ヤフオクの落札者の
『直接』売買を行う、
ということです。

そのためにメールアドレス等
個人の連絡先を知って
やりとりを行います。

一言で直接取引といっても
厳密には

●直接仕入れ(海外からの仕入れ)
●直接販売(日本国内での販売)

の2種類がありますが

後者は若干難易度が高いので、
今回はよりイージーな
「直接仕入れ」から説明します。

なぜ、直接仕入れを
行うことによって
リサーチ不要になるのか?というと
理由は大きく分けて3つあります。

目次

1:セラーの方から儲かる商品を紹介してくれるから

個人の連絡先を交換すると、
お互い気軽にやり取りが
できるようになります。

その中で

「修治、これを入荷したぞ」
「このアイテムが手に入りそう
なんだが、興味あるか?」

といった感じで

仕入先のセラー自ら
良い商品の情報を
知らせてくれるようになります。

中には
「いや、その商品は
さすがに要らないかな…」
というものもありますが

私自身、これで何度も
儲かる商品をゲットしてきました。

わざわざeBayを見に行ったり
時間をかけてリサーチをせずとも

その商品が日本で高く売れ、
儲かりそうだと分かれば
すぐ仕入れてしまえば終わりです。

私もこれで
数万円の安い商品から
50〜70万円くらいまでの商品まで
色々仕入れてきて

一撃10〜20万以上は
たくさん出してきました。

決まった時はかなり爽快です。

2:自分の代わりに商品を探してもらえるから

逆に、自分の方から
「この商品を探してほしい」
とリクエストを出すこともできます。

当たり前ですが、
eBayに出ている商品は
海外に存在するアイテムの
ごくごく一部でしかありません。

現地にはもっと無限に
色々な品物があります。

そこで、eBayに目当ての品がなければ
セラーに現地で探してもらい
仕入れてもらえば良いわけです。

何度も何度も
eBayに見に行ったりする
手間が省けますので

これも大幅な時間の
節約になります。

特に、レア物であるほど
eBayに出現する頻度が低いので

こういった商品は
セラーに任せてしまった方が
格段に楽です。

セラーもセラーで
現地のアンティークマーケットに
行ってくれたり

eBay上では
個人出品者に見えるけれども

実は現地の有力な
業者だったりして
良い品物を仕入れてくれたりします。

「彼らにとって、eBayはあくまで
販売先の1つにすぎないんだな」

と感心することも多々あります。

3:値下げが容易になるから

これも、広い意味では
リサーチを減らすことに
つながるのですが

直接取引では
『安く仕入れる』ことが
容易になります。

なぜかというと
eBayを介しての取引だと
セラーに対して、大体15%ほど
手数料がかかると言われています。

例えば10,000円の商品を
販売したとすると

1,500円程度が引かれて
8,500円くらいしか
手元に残らないわけです。

しかし、直接取引は
あくまで個人間のやり取りなので
当然、ebayの手数料は発生しません。

ということは、
手数料分くらいまでの値下げは
あなたにとってもしやすいということ。

セラーにとっては

eBayで販売して
8,500円しか残らないのであれば

直接取引で
多少値下げしたとしても、
9,500円や9,000円残るならば
後者の方が得なのです。

なので、大雑把に言って
ebayで15%取られることから

直接取引で
5-10%くらいの値引きは
経験上しやすいです。

また、今現在eBayに出品されている
商品を値引きしてもらうこともできます。

「良い商品だけど、
もう少し値下げしてほしいな〜」

というものがもしあって、
セラーのメールアドレス等が
分かっているなら

それ経由で連絡を取り
値下げ交渉をするのです。

セラーによって
対応は異なりますが
乗り気な人はすぐOKしてくれます。

・・・といった感じで

直接取引が強力な手段であることが
お分かりになったかと思います。

実際、私もこれ無くして
脱サラも不可能だったと思いますし
専業で食べてくることも
できなかったはずです。

私が個人的に
ヤバいメリットだな、と感じたのは
「ライバルが増えない」
という点です。

直接仕入れをすると
eBay上に仕入れた痕跡が残りません。

なので、ライバルにとっても
真似がしづらいらしく
不思議と同じ商品を扱うライバルが
何年も現れません。

仕入れルートをズラすことによって
これほど安定的に利益が
取れるようになるのか、と驚愕します。

なので、直接取引は
大きく稼ぐ上でも、時間を増やす上でも
ライバルを増やさない上でも
不可欠な稼ぎ方です。

必ずできるように
なっていってください。

では、まず何から
やればいいのか?というと

『セラーのメールアドレス』を
知ることです。

これは昔であれば、
PayPalの取引履歴から
知ることができたのですが

2022年現在の今では
使えません。

ただ、今でも
色々やり方はあります。

その一つは
仕入れた時のダンボールに貼ってある
『伝票』をよく見ることです。

人によっては
メールアドレスを
記載しているはずです。

そこへ連絡を取ることから
すべてが始まるのですが、

最初の文章は
一体何を送れば良いのか?

もし、伝票にメールアドレスが
載っていない場合は
どうすれば良いのか?

など、実践する上で
細かい疑問もたくさん
湧いてくると思います。

また、直接取引は
eBay上で行うと規約違反になり、
アカウントが止まる危険性があるので
それは絶対に避けてください。

今回は長くなったので
一旦ここで終わりにしますが、

もし続きが気になる場合は
以下のリンクからメルマガを
読んでみてください。

今なら無料です。

あまり表に出したくない
テクニックなども含めて
メルマガの方で暴露していきます。

【直接取引の秘密】
https://saipon.jp/h/mailblog

栗山修治

 

【商品一覧はこちら】
http://shuji7.com/maillp/shouhinichiran

※この文章の著作権は全て栗山修治にあります。
著作権者の許可なく、この文章の全部又は一部をいかなる手段においても
複製、転載、流用、転売等することを禁じます。
(コンテンツを無断流用した改変の場合も含む)
また、集客・SEO対策目的でのレビュー記事・動画投稿、内容を暴露することによるビジネス行為などの全てを禁じます。
上記違反した場合は厳重な法的処置を取らせていただきます。
当コンテンツはあくまでも個人の使用に留めておくようご注意ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる