僕が会社を辞めた理由

僕は前の会社で2年間サラリーマンをしていました。

古い日系企業でした。

辞めた理由は単純に、

「縛られるのが嫌だったから」

この一言に尽きます。

 

実際のところ、会社では
有難いことに人間関係にも恵まれていましたし、
仕事自体も覚えれば徐々に面白くはなりました。

勉強になることも沢山ありました。
人の役に立つ喜びも実感しました。

楽しい瞬間がないわけではなかったのです。
しかし苦痛な時間の方が圧倒的に長かった。

それは、サラリーマンである以上
自分でコントロールできない領域
あまりにも多かったからだと思います。

満員電車、服装、勤務地、勤務時間、収入、etc…

もうこれだけで、生活範囲や自由時間、使えるお金の金額が
一気に狭まってしまいます。
人生が急に小さくなった思いがしました。

 

それからサラリーマンらしい言動や価値観を
強要されるのも嫌でしたね。

組織のために有給や残業代を我慢すること。

定時帰りが「例外」で帰りにくい雰囲気があること。

飲み会への強制参加と愚痴。

人生がうまくいかないのは、会社や国のせいであって
自分のせいではないということ。

天才以外、人生は「諦めるもの」だということ。

 

違和感を抱く場面はいくらでもありました。

働く、というだけでここまで縛られなきゃいけないのか?

やりたいことも言いたいことも我慢しなきゃいけないのか?

会社から与えられたものでやりくりするのが正しい人生ってやつなのか?

・・・・・

 

 

もちろん、ああいった「縛り」と引き換えに
安定収入や学びを頂いているのは事実であって、
サラリーマンである以上受け入れなければならないことです。

会社が自分にお金を払ってくれているおかげで
生活でき、勉強もできるのですからありがたいことです。

単に僕がわがままな子供なだけかもしれません。

 

 

しかしどう理由をつけて納得しようとしても、
日の経つごとにネガティブな感情が溜まり、気力が落ちていく
自分はごまかせませんでした。

だけど生活のために会社にしがみつかざるを得ない。

「こんなに我慢をしてイヤイヤ働くなんて、結局自分は社畜だな」

と思っていたのですが・・・

 

 

ある日、

「長く働くほど心が萎えていくのなら、いくらお金を貰おうと、死んでいくのと変わらない」

「会社なんて辞めちゃおう。サラリーマン自体がもう無理だ」

「社会不適合者と言われても構わない。辞めても食べていける手段を見つけよう」

「自分の人生は自分でコントロールする」

そう決意したのです。

 

 

その思いに至ったのは、

それまでの人生で「自由に生きたい」という思いが
ずっと静かに燃え続けていたのもありますし、

自由に生きて自分のビジネスで稼ぐ人が実在することを
インターネットや本で知ることができたのもありますし、

幸運にもそういった方々と実際に会うことができ、
彼らの放つ言葉やエネルギーを直に体感することができたからです。

 

 

次回からは、自由に生きる手段として選んだ
「輸入転売」とは何なのか、またなぜそれを選んだのか
について書いていきます。

お読みいただきありがとうございました。


--------------------------------------------------------

ブログランキングに参加中です。
今回の記事がご参考になりましたら
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

--------------------------------------------------------
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

FAST PIC

栗山修治
自営業/1988年度生まれ/埼玉県出身/筑波大卒

eBay仕入れヤフオク!販売で脱サラ。
現役で稼ぎつつ情報発信、個人コンサル、
セミナー講師などしています。

2014年 副業で輸入転売を開始
2015年 月収50万円達成、脱サラ
2016年 月収70万円達成、会社員時代の年収超え
2017年 月収130万円達成、
雑誌「BIGtomorrow」に2回掲載


ブログランキングに参加中です。
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

アーカイブ